• ホーム
  • レビトラとシリアスの副作用の安全性の比較について

レビトラとシリアスの副作用の安全性の比較について

ED治療薬の種類としては、バイアグラやレビトラ、シリアスがあります。
バイアグラとレビトラは比較的近い効き目であり、シリアスはゆるやかな効き目が得られるものと考えられています。
副作用についてはバイアグラやレビトラのほうが強い症状が現れ、シリアスのほうが安全性が高いと言えます。
レビトラの副作用は顔のほてりや、目の充血、鼻づまり、胃痛、動機などの症状が多いと言われており、服用したうちの8~9割の人が体験します。
ED治療薬は脳梗塞や心筋梗塞の既往歴がある人は服用できない可能性があり、病気を持っている人の場合には専門のED治療が受けられるクリニックに行って、診断を受けることがおすすめです。
レビトラとバイアグラは似たような副作用の症状が現れると考えられていますが、レビトラに含まれている成分はバルデナフィルで、バイアグラの主成分はシルデナフィルですので異なる成分が使用されています。
3種類のED治療薬の中で一番新しく開発されたものがシリアスで、その分バイアグラやレビトラの欠点であった部分の改良が行われています。
シリアスは副作用が少ないED治療薬と考えられており、顔のほてりや頭痛、筋肉痛などの副作用が発症しても気付かない人も多いです。
レビトラもシリアスも厚生労働省の認可を受けている医薬品ですので、クリニックで取扱いが行われており安全性は確保されています。
服用した結果として、体調不良に陥ったときには速やかに専門のクリニックを受診して医者の診断を受けることが賢明です。
これらのED治療薬は、処方箋薬となっており、薬局やドラッグストアで市販されているものではありません。
インターネット通販サイトを利用して購入することも可能ですが、安全性を考えて信頼できるところから購入する必要があります。